鼠径ヘルニア

症状イメージ

鼠径ヘルニアの特徴
ももの付け根や陰のうがふくれます
腸が飛び出して、ふくらみが見えます
「鼠径」はももの付け根の部分、「ヘルニア」は体の一部が突出すること。
ももの付け根のところに腸が飛び出して、丸くふくれる症状を「鼠径ヘルニア」と呼びます。
陰のうの中に腸が出てふくれることもあります。左右片側に起きることが多いのですが、
約1割は左右両側に起こります。男の子に多く、女の子にも起こります。
症状が出る時期は、まちまち
鼠径ヘルニアは先天的なものですが、症状が出る時期は、生後すぐ、
歩き始めのころ、小学生になってから、などまちまちです。
生後3カ月までにあらわれたものは、まれに自然に治ることもありますが、
生後5カ月以後なら手術をして治したほうがよいでしょう。
時期を見て、早めに手術をします
ふくらんだ部分を押して引っこむ場合、また、眠ったり泣きやんだりしてお
なかの力が抜けると自然に戻る場合は、とりあえず急いで手当てする必
要はありません。
ただ、ごくまれに飛び出した腸が締めつけられ、腸閉塞を起こすことがあ
ります。これが「嵌頓(かんとん)ヘルニア」。
緊急手術が必要です。それを未然に防ぐためにも、鼠径ヘルニアが見
つかった時点で、早めの手術をすることが一般的になっています。