吃音(きつおん)・どもり

症状イメージ

吃音(きつおん)・どもりのポイント
●吃音(きつおん)・どもりとはどんな病気か
言葉の発音の流暢(りゅうちょう)さが損なわれる病気のひとつで、言葉の開始時に、最初の音を何回も速く繰り返したり、次の音がつまって出ない状態です。成人でも大勢の前での挨拶、発表などで緊張しているときなどによく見られる症状ですが、これが日常的に、慢性的に起こることをいいます。小児人口の約2・5%が吃音をもっているといわれています。

●吃音(きつおん)・どもりの原因は?
最初の音を出す時の、精神的な緊張が発音器官であるのど(声帯)や口唇(こうしん)の滑らかな運動を阻害すると考えられます。 最近では脳の機能障害との関与もいわれています。遺伝的要素や養育環境など、いくつかの因子が影響しています。流暢に話せるようになるのが素質的に遅い子供や、神経質な素質を持つ子供、また子供に対して神経質な親に育てられた場合に発症しやすいといわれています。緊張や不安によっても悪化します。

●吃音(きつおん)・どもり症状の現れ方
言葉の発達が急激に進んでいる幼児期から小児期に初めて気づきます。精神的緊張が強い状態で、自分の気持ちを一気に言葉にしようとした時に吃音が起こります。 最初の音を「た、た、た、たぬき」というように繰り返したり、「たーーー、た、たぬき」と伸ばしたり、あるいは「ーーーーーたぬき」というように最初の音が出ないなどさまざまです。 「どもり」は、話し方の特徴とともに、随伴運動(ずいはんうんどう) とよばれる、体の動きもあわせて起こります。 これは、どもりを自覚していない子どもの頃はあまり見られない 症状です。 「どもり」を自覚し、     「どもらないようにしよう」    「少しでもどもりを軽くしよう」 として 手足をふったりばたつかせたり、手で拍子をとったりします。またどもりたくないということから 赤面、発汗、視線をそらしたり、瞬きが多くなったり、口がとがる 声が高いなどが起こることもあります。 言葉を使うことに慣れるにしたがって、幼少時の吃音は軽快し、治るのが普通ですが、成人期まで続く場合もあります。成人の吃音は、ある特定の言葉をしゃべる時や、特定の場面(人前)でしゃべる時に出やすいという特徴があります。 どもりの原因にストレスなどの精神的な問題があると言われています。 細かに他人に干渉される養育、どもっていることを強く指摘し続ける、左利きを無理矢理右利きに、環境の変化、極度な緊張などです。 母親の子供との関わりはどもりの原因・治療の大切な事ではありますが、母親自体が吃りの元凶というのは間違いだと思います。母親に行う場合は、過度なしつけや教育、干渉などがあれば見直すことは直す手助けにはなりますが。

●吃音(きつおん)・どもりのきっかけ
耐え難いストレス(いじめ・叱られた・過度に厳格な躾) 好ましくない言語環境 幼少期の子供は左右の言語脳野の機能分化が進んでいないため、どもりは出やすいといわれているが、それに敏感になって、自分の子供に『どもらないように話せ』などと叱ってしまう。叱られた子供はどもりを悪い事だと思い込み、隠そうとする。それが、いつしか話すことへの恐怖へと変わり、条件反射付けられ、吃音が定着してしまうと考えられる。また、電話で言葉が出ず、いたずらと思われたり、友人からおかしな話し方をするという目で見られたり、授業で指名されてどもったことを注意されたり、いじめや嘲笑の対象にされるなど、辛い体験の蓄積や、周囲の人の吃症状に対する否定的反応からも吃音は条件反射付けられる。 吃音者をからかうなどして発声を何度も真似た経験がある。 左利きの者が利き腕を矯正した。 などがいわれています。実際にはどもる子供に どもらないようにしなさいと 言わずにはいられない親心、むつかしいですよね。どもりをなおすのには周りの人の関わりがとても大切で周りの人もどもりについてよく知ることが大切だと思います。

●吃音(きつおん)・どもりの治療
小学校卒業までは環境や家庭での練習で高率になおるといわれています。遅い話し方をする、各音節を1.5秒引き伸ばす、不安感を緩和させる、話す場面の回避を改める、吃音について心を開いて話し合う、社会生活で話す習慣を増やすようにすることなどが有効とされています。